フリマ出品申込 フリーマーケットのコツ

フリマに出品する商品に合わせた会場選びをしよう

リアルフリマとWeb上フリマ

Step1.フリマに出品できそうな物を探そう」で出品する商品の目星がついたら、 次はフリーマーケットの開催情報を調べていきます。

フリーマーケットのタイプを大きく二つに分けると、

  • リアルのフリーマーケット
  • Web上のフリーマーケット

となります。

リアルのフリーマーケット

リアルで開かれるフリーマーケットは、土曜日・日曜日・祝日を中心に様々な場所で開催されています。
インターネットのフリマ開催情報がまとめられているサイトや、フリーマーケットに特化した雑誌を参考にしてみましょう。 なお、規模の小さいものであれば、限られた地域に配布している無料情報誌などにも情報が掲載されていることがあります。

フリマ開催日程をチェックしたら、参加できる日程を選びましょう。
フリマの開催時間は、多くが一日を費やすものとなっています。(例:朝10時開始〜夕方16時終了など)
準備時間や、後片付けの時間も必要ですので、丸一日空けておく必要があります。
コミュニケーションをとりながら一日お店屋さん気分を味わえるところが、リアルで開かれるフリーマーケットの楽しさです。

Web上のフリーマーケット

一方、Web上のフリーマーケットは、好きなタイミング・好きな期間で出品ができます。
忙しくて丸一日取れない方や、近隣でフリーマーケットがあまり行われていない方に向いています。
なお、客層が絞られているフリーマーケットほど、自分の持っているレア物を価値がわかる人に買ってもらえる確立が高くなります。
Web上のフリーマーケットで、しかも客層が絞られているサイトってどんなものなの?という方はこちらを参考にしてみてくださいね。
フリマサイト「アキバ系フリマ」出品者募集ページ

フリマの客層を知ることが成功への近道

会場選びでは、そのフリマの客層を知ることも重要なポイントです。
例えば、若者が多く訪れるフリマに、骨董品を出品しても、あまり評価してもらえない可能性があります。
逆に、年配の方が多く訪れるフリマでは、若者向けの服やアクセサリーは売れ行きが悪くなるでしょう。
自分が売る商品のターゲットに合った会場を選ぶことで、売れ行きを向上させることができます。

商品に合わせた会場選び

以下は、どんな商品がどんなフリマ会場に合っているかの目安の図です。ぜひ、参考にしてみてください。

フリマ会場の選び方


一番確実なのは、自分が出品する別日程に、あらかじめフリマ会場の様子を実際に見にいき、どんな人が来ているのか、どんな商品に人がたくさん集まっているのかをざっくりチェックしておくことです。
しかし、忙しくて事前にフリマ会場をフリマ開催日に見に行くことができないこともあります。
その場合は目星をつけたフリマ会場の名前でブログ等を検索し、実際にそのフリマで商品を買った人・出品した人の感想などを見てみましょう。
写真で見るフリマの様子や文章から、ある程度客層を推測できます。

フリマ会場の予約申込をしよう

フリマ会場の予約をする際、必ずチェックしておいたほうがいいポイントは以下の5つです。

  • 1.出店手数料
  • 2.ブース(自分が出店できるスペース)の広さ
  • 3.搬入・搬出時間
  • 4.車の乗り入れが可能かどうか −会場によっては車の乗り入れをするかしないかで出店手数料が異なる場合も
  • 5.雨天時の対応はどうなるか −雨天決行か、雨天中止か?

 

自分の条件に適した会場が見つかったら、そのフリマ会場に申込をします。
(フリマに参加するためには、事前の申し込みが必要な場合がほとんどです。まれに当日飛び込み参加型のフリマもありますが、初心者の方には予約制の会場のほうが安心です)
フリマ主催者のホームページでは、多くの場合、ネットで申し込む形式をとっています。ネット申込の他に、電話申込や、会場に出向いて手続きを行う場合もありますので、出店するフリマを決めたら、申込の方法をチェックしましょう。
その後、出店手数料を支払い、当日は出店許可証を持って会場に向かうのが一般的です。


まとめ
  • その1: リアルフリマとWeb上フリマとでは特性が異なる。
    お客さんとのコミュニケーションを楽しみながら、日用品を売りきってすっきりしたいなら、リアルフリマ
    レアなものを買い叩かれたくない。自分で販売価格を設定し、価値がわかる人に買ってもらいたいなら、特定の分野に特化したWeb上フリマ
  • その2:売る商品に合った会場を選ぶことで、商品をより高値で販売しやすくなる。
  • その3:フリマ会場に申込をするときは、5つのポイントを必ずチェック。

→「あなたの出品しようとしている商品は、どんな人に人気だろうか?
  その人たちが多くいそうなフリマ会場はどこだろうか?」
  会場の選定は当日の売上を大きく左右します。

フリマの流れ フリマ会場を決める 参加手続きをする 出店のための持ち物を準備 商品をラッピングする 値段を決め、値札をつける ついに当日!ディスプレイ 午後には値下げ開始 後片付け、お疲れ様でした

フリーマーケット出品情報

・部屋のグッズを処分したい
・自分で納得のいく値段をつけたい
・自分のコレクションの価値がわかる人に買ってほしいなぁ

そんなあなたは

Web上フリマが向いています

一日6000人のアニメ・ゲームファンが訪れる通販サイトにお部屋のグッズを出品しよう

・お客さんと交流しながら、お店屋さん気分を楽しみたい
・フリマ出店のために丸一日使える時間がある
・出品するものは子供服などの日用品

そんなあなたは

リアルフリマが向いています