フリマ出品申込 フリーマーケットのコツ

フリマディスプレイのコツ

魅力的なフリマのディスプレイとは

同じ商品でも、並び方ひとつで売上は変わってきます。
お客さんの立場から見て、どのようなディスプレイであれば買いたくなるのでしょうか?
実際にフリマ会場で撮影したディスプレイの写真を見ていきましょう。

ひな壇ディスプレイ

フリーマーケットディスプレイ画像
基本的に、フリマ会場で商品をより魅力的に見せるためには、写真のような「ひな壇ディスプレイ」が効果的です。


ひな壇ディスプレイとは、

  • 小さいものはお客さんから見て手前に配置
  • 大きいものほど奥に配置

することです。

写真のように台を使い、高さのあるディスプレイをすると、まわりのブースよりも目立ち、お客さんの目にとまりやすくなります。

いちおしの商品をお客さんから見て手前に配置

一般的にお客さんは足元に近いものから目を通す傾向にあります。
なので、いちおしの商品をあえて手前に配置するというコツもあります。

このとき、接客などで目を離している間に盗難に遭うという可能性もゼロではありませんので、高額商品はできるだけ奥に配置しておくと安心です。

カテゴリーごとに分類して並べる方法

商品をカテゴリーごとに固めて並べておくと、「今日は子供用のおもちゃを探しにきた」「ヘッドホンを探しにきた」「○○というアニメのキャラのグッズを探しにきた」と、ほしいものを絞ってフリマに来ているお客さんの目にとまりやすくなります。

何があるか一目じゃわからない!?宝探し感覚を演出する方法も

分類して整然と並べる方法とは別に、わざといろんなタイプの商品をごちゃ混ぜにしてディスプレイする、という方法もあります。
「何が入っているかは、さぐってみてのお楽しみ♪」といった、宝探し感覚を演出する方法です。
例えば、こちらのようなディスプレイ例です。

フリーマーケットディスプレイ例
この方法を使うには、出品アイテム数の多さが肝になります。
多種多様な商品が山盛りに盛られていて、ぱっと見ただけでは出品物の全てを見ることができない状態を作り出しています。
となると、お客さんは「たくさん積まれている商品の下には、自分がほしいものが隠れているかもしれない」と思い、近寄って商品をかき分けて探してくれるのです。

フリマディスプレイの例

フリマで私が実際に見てきたディスプレイの例をご紹介します。


フリーマーケット画像
こちらのディスプレイは、ある程度カテゴリ分けがされて並べられている例ですね。(ある程度、アニメのタイトルごとに固めておられるようです)
同一の商品を重ねてディスプレイするのではなく、複数枚を横一直線に並べているので、にぎやかな感じが出ていますね。

 

フリマ出店画像
こちらのブースは、地面にいくつか箱を並べて、その中に小物類をたくさん入れていますね。
商品が積み重なっているので、「この下にある商品は何ですか?」などとフリマ出店者の方とお話しました。
このようなディスプレイは、お客さんとの会話のきっかけになるのかもしれませんね。

 

フリマ並べ方

フリマ商品の並べ方として、あえてこのように平たく置くのも圧巻ですね。
他のブースとは一味ちがう並べ方なので、お客様が注目してくれるかもしれません。
自分のブースのスペースが広いとき、やってみるといいかもしれません。
ちなみに、このブースのフリマの出品者の方は、シートの真ん中に立って、道行く人と会話したりお会計をしたりしていました。

 

フリマ商品の値札をつける
フリマの商品の値札を工夫しているお店を見つけました。
画像右下の、長方形のシールに「1200円」と書いてある商品と、赤枠でかこっている1900円の商品とでは、
値札の形の効果で、赤枠でかこっている商品のほうがお値打ちに見えます。

自分の服装もディスプレイの一部

    中古品を売る場合、売る側の服装が清潔そうかどうかは、そのままその人が出品している物へのイメージになります。
    動きやすく、清潔な服だと好印象です。
    なお、洋服やアクセサリーをフリマで販売する場合は、洋服のセンスがお客さんと一致していれば、それだけでも広告になるのです。

アイテム別、フリマでの見せ方

フリマで出店するときの、アイテム別の見せ方、ラッピング方法を解説します。

小さなおもちゃ、フィギュアはフリマでどのように飾ったらいいのでしょうか。
フリマ フィギュア


箱が無い場合の飾り方

「買った当時の箱をもう捨てちゃったよ」という場合は、ビニールで包みましょう。

箱がある場合のフィギュアの飾り方
箱がある場合は、ぜひフリマ会場に持っていくべきです。
未開封か開封済みか、というのを気にするのと同じように、箱があるかないかで商品を吟味するお客さんもいるからです。
強風の場合や、商品を傷つけたくない場合、箱の中にしまった状態でディスプレイしましょう。
なお、小さなお子様がたくさん来るようなフリマ会場ですと、細かな部品を誤って飲み込んでしまう可能性があるため、袋か箱にいれ封をすることも大切です。


こちらはハンドメイドでデコレーションした小さい鏡です。

フリマハンドメイド

 

フリマハンドメイドラッピング
透明の袋に入れ、値札、そしてハンドメイド品であることを明記します。
フリマでは道行く人全てに自分の出品物を説明することはできないので、お客さんが見てわかる状態にしておくのがベストです。

これは何でしょうか?
くたっとしていてよくわかりません。
なんだかよくわからないもの
新聞紙でいいので、丸めて帽子の中に入れましょう。

フリーマーケット飾り方

帽子の形がよくわかるようになりました。
値段に加えて、何というブランドの帽子なのかを書き込むと、そのブランド好きな方の目にとまりやすくなります。
フリマではお店のようにゆっくりと試着することが難しいものです。
だからこそ帽子はかぶったときの形がわかるディスプレイが大切です。

 

こちらは化粧品です。化粧品は清潔さが重要です。
この状態だと、たとえ未開封であっても、使用済のように見えます。
フリマ化粧品

 

フリマ化粧品出品
このように、透明の袋に包みましょう。値札のタグに、新品で未開封ならば「未開封」と大きく明記するとよいでしょう。
開封しているのであれば、「開封済」と明記しましょう。


ちなみに、清潔感が必要なものとして「キッチン用品」も挙げられます。
フリマ キッチン用品出品

キレイに洗っておくだけでなく、ひとつずつビニール袋に入れ、展示するようなイメージで並べるとよいでしょう。


まとめ
  • その1: 魅力的なディスプレイとは、お客さんが思わず近寄ってしまうようなディスプレイのこと。
    カテゴリーごとに並べる、または山盛り状態のディスプレイにする→「あのブースには自分がほしいものがありそうだ」と思ってもらう
  • その2:自分の服装もディスプレイの一部。
  • その3:商品の特性に合ったラッピングをしよう。

→お客さんが思わず注目してくれるようなディスプレイの出来上がり。

フリマの流れ フリマ会場を決める 参加手続きをする 出店のための持ち物を準備 商品をラッピングする 値段を決め、値札をつける ついに当日!ディスプレイ 午後には値下げ開始 後片付け、お疲れ様でした

フリーマーケット出品情報

・部屋のグッズを処分したい
・自分で納得のいく値段をつけたい
・自分のコレクションの価値がわかる人に買ってほしいなぁ

そんなあなたは

Web上フリマが向いています

一日6000人のアニメ・ゲームファンが訪れる通販サイトにお部屋のグッズを出品しよう

・お客さんと交流しながら、お店屋さん気分を楽しみたい
・フリマ出店のために丸一日使える時間がある
・出品するものは子供服などの日用品

そんなあなたは

リアルフリマが向いています